熊本大震災は「第2の3・11」今すぐ川内原発など全原発を止めろ!

20160417101742.jpg
20160416-00000054-asahi-000-view.jpg

4月14日、熊本県で大地震、さらに16日にもM7・3の大地震が起こり、最大震度6強の地震・余震が幾度も九州を襲っています。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、なんとしてもみんなの力を合わせて助け合って生き抜こうではありませんか。

 
今回の熊本大地震は活断層の横ずれによるものです。熊本県の地下には全長81キロにわたる日奈久断層という活断層があり、この断層がずれて大地震につながったというのが専門家の一致した意見です。
 問題は、この断層の南端に、現在唯一稼働中の川内原発があることです。
原子力防災担当相を兼務している丸川珠代環境相は16日、政府の地震非常災害対策本部会議で、川内原発について、「原子力規制委員会において停止させる必要はないと判断されている」と報告しました。しかし、川内原発には、世界標準のコアキャッチャーも免震棟も避難路確保もないことが明らかとなっています。

AS20160416000191_comm.jpg
また、鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は、川内原発で重大事故が発生した場合、「住民避難のために九州新幹線を」と言っていました。ところが、九州の新幹線は脱線し、現在全線不通です。高速道路も地割れ・陥没で使用不能。「避難計画」など完全に破産しています。
 さらに、日奈久断層の先には四国の伊方原発、静岡の浜岡原発、新潟の柏崎原発があります。佐賀の玄海原発も活断層上にあります。多くの原発が、活断層上に建てられているのです。

20160417101742.jpg

 5年前の出来事を思い出しませんか? 起きていることは、「第2の3・11」です。今すぐ川内原発を止めろ! すべての原発を廃炉にしろ! 今こそ声をあげましょう。
 動労福島-NAZEN福岡が呼びかける熊本地震被災地救援カンパに協力ください


★★熊本地震 被災地への救援カンパをお願いします★★ 
4月14日、熊本県益城町で震度7の地震が発生し、余震が続く中、16日未明には「本震」とされるさらに大きな地震が発生し、まったく予断を許さない事態が続いています。被災されている方々に心からお見舞い申し上げます。
 動労福島の組合員(郡山駅キオスク勤務)は、今回の地震で被害が大きい益城町の出身です。益城町在住のご両親とお兄さん家族が被災し、ライフラインがストップしている中、厳しい避難生活を送っています。組合員本人が支援品とカンパを持って現地入りします(4/20)。ご支援をよろしくおねがいします。
 今回の地震で、あらためて日本は地震大国であるという現実がつきだされました。原発再稼働などもってのほかです。しかし、九州電力は直ちに「川内原発に異常はなく発電を続けます」と発表しました。福島第一原発事故を反省していないあらわれです。薩摩川内市長は「原発事故時が発生した場合、避難に新幹線を活用」(2014年8月14日)などと言っていましたが、今回の地震で新幹線は脱線し、今なおストップしています。「安全」で「確実」な避難方法などないのです。
 このような状況でも川内原発を停止しない九州電力と政府の対応に不安と怒りを募らせながらの終わりが見えない避難生活の苦しさは、5年前の3.11大震災と原発事故を体験している私たちにとって決して見過ごすことはできません。被曝労働拒否をつらぬく労働組合として、安倍政権による原発再稼働を許さず、戦争・改憲と労働法制改悪を阻止するために闘っていくことをあらためて決意しております。
 被災された方々への支援のカンパのご協力をよろしくおねがいいたします。(動労福島の声明)

●カンパ振込先
ゆうちょ銀行 口座番号17120-18083901
 クラオカマサミ

この口座に他金融機関から振り込む場合 
【店名】七一八【店番】718
【預金種目】普通預金【口座番号】1808390

3・11から5年ー「熊本大地震」 日々怒りを新たにして進んでいこう!

20160417-00000025-asahi-000-5-view-1-600x372.png

3・11から5年ー「熊本大地震」
日々怒りを新たにして進んでいこう!
 


NAZENいけぶくろ共同代表 五條敦


早いもので、福島第一原発の過酷事故から5年が経過しました。

この間、すべての原発が停止した時期もありましたが、現時点では、昨年8月、10月と立て続けに再稼働された川内原発1、2号機が運転されています。

4月14日、そのすぐ近く、熊本県で最大震度7の大地震がありましたが、この2機は何事もなかったかのように動き続けています。激しい怒りとともに、底知れない恐怖を感じます。


ところで、今年に入っても、原発推進勢力の面々の信じられない暴言、妄言が相次いでいます。


◎丸川珠代環境相:2月7日、長野県松本市の講演会で、「1ミリシーベルトは何の科学的根拠もない。反放射能派がワーワー言っている」などと発言。衆院予算委員会で発言を追及されると一旦は否定、12日になってようやく撤回。


◎高木毅復興相:2月23日、外国メディア向けの記者会見で、事故原発の汚染水について「港湾内で完全にブロックされていて、状況はコントロールされている」と発言。


◎八木誠関西電力社長:3月18日、記者会見で、関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定をめぐり、「上級審で逆転勝訴した場合、(申し立てた住民への)損害賠償請求は検討の対象になりうる」と発言。


◎安倍晋三首相:4月1日午前(日本時間2日未明)、「核安全保障サミット」で演説し、東京電力福島第一原発の事故を踏まえ「日本は二度とあのような事故を起こさないとの決意の下、原子力の平和的利用を再びリードすべく歩み始めた」と原発の再稼働推進を宣言。


 
川内原発と熊本震災
なぜこの人たちには合理的・科学的な思考ができないのか、そして生命体であれば当然に備わっているはずの危険を察知する感覚、本能がマヒしているのか。おそらくカネや権力など目先の利益だけにとらわれているからでしょう。
 目に見える成果がなかなか上がらない運動を続けることは容易ではありませんが、幸か不幸か、彼らは私たちに間断なく怒りの火種を与えてくれます。これからも一進一退が続くでしょうが、すべての原発の恒久的な停止を勝ち取るまで、しぶとくしたたかに闘っていきましょう。

「A2-B-C」江古田上映会のアンケート



去る2月12日、練馬区江古田の「ギャラリー古藤」をお借りして、「A2-B-C」上映会を行いました。福島で続く甲状腺ガンなどの被ばくの実態を突きだしたこのドキュメント映画は、一時期上映運動が中止されていましたが、再開以降各地で上映が相次いでおり、今回の江古田上映会にも、江古田駅前などでチラシを受け取った親子や女性など、地域の方々が多く来場くださいました。また、NAZENいけぶくろの母体となっている東京武蔵野病院・精研労組の方が商店街にチラシ配布・張り出しをお願いして歩いたことも、大変大きな力を発揮しました。
 今回の上映には、監督のイアン・トーマス氏の講演は実現できませんでしたが、代わりにビデオメッセージを上映しました。福島の現実を伝え続け、全ての原発を止めていきましょう。

●上映後のアンケートを紹介します

【感想】子どもたちの声がショック/わたくしの生まれが新潟柏崎で原発の心配をしています
/福島のお母さんたちの声をきけてよかった/国家権力(国から市町村まで)の悪行の中、生きることの意味を当事者の県民の方々から教えていただきました/お母さま方の辛い心境を感じずにはいられません 闘い続ける心を応援したいです/子供達が「甲状腺ガンになって長生きできない」といっている言葉に深刻さを感じた 東大のドクターが2回来たが明確な答えはなかった。誰も学者の言うことなど信用していない。

maxresdefault.jpg
【イアン監督のビデオメッセージへの感想】
ほんとにそうだと思います/特別な考え方を持たない人の記録と思います/事故から時間がたって声を出さない人がふえている、ということが難しいなと思った/情勢をコントロールする現状に危惧/あたりまえの福島なのに子供を「実験材料」、許せない 監督と共に声をあげ続けます/「忘れてはいけない」日本の縮図ですから/これからも福島のために子供の立場からの表現活動をして下さい/取材の積み重ねと次回作を期待しています/取材に応じてくれないお母さん方が増えた、という話は考えさせられた。

【安倍政権の原発政策への意見】あちこちの原発再稼働考えられない/今の政権に反対する/人の子の親になれない人の生き方と思います/言う言葉もないほどひどい/政策転換には政権交代と国のあり方を根本から変えるしかない/原発事故がなかったことにしようとしているとしか思えない/経済発展だけが優先されています。そのことが支持されているのですから<マスコミもそうですが>日本がそれを支持しているということですね。悲しいです/再稼働反対し真実の報道に圧力をかけるな/強制帰還に反対/被災者を孤立させている張本人だ。 

【上映会へのご意見ご感想】もっと多くの人に観てほしい/各地で上映会で広めていくと良い/放射線のことと真剣に考えている母親たちが孤立していくには日本のムラ社会のイヤな部分を感じずにはいられません/力強い福島への連帯の活動です。

「A2-B-C」上映会を2月12日江古田にておこないます

「A2-B-C」江古田上映会チラシオモテ

「A2-B-C」江古田上映会チラシウラ

「A2-B-C」 2/12江古田上映会


※映画「A2-B-C」については、以下のサイトを参照ください
http://www.a2-b-c.com/

2月12日(金)

ギャラリー古藤(練馬区栄町9-10 武蔵大学前) 

時間
 1回目 11時~12:15
 2回目 14:30~15:45
 イアン・トーマス・アッシュ監督の話 16時~
 3回目 17:30~18:45

入場料
一般 1000 円
大学生 800円
中高生500円
小学生以下 無料
福島からの避難者 500円

※予約優先・入場各回40名定員制(下記メール・電話・FAXにて予定ください)

主催:「A2-B-C」北部上映実行委員会
 連絡先:NAZENいけぶくろ
 電話・FAX 03-3972-0563 
 メール nazenikebukuro-2014★yahoo.co.jp(★を@に置き換えてメールください)

「被ばく労働拒否をたたかう!」動労水戸報告会、よかったです!



5月30日、NAZENいけぶくろ主催で、被ばく労働拒否をたたかう労働組合である動労水戸を招いての報告・講演会を行いました。「命と安全に妥協はない」「青年とともにたたかう」と、労働組合として被ばく問題とどう向き合い闘うか、示唆に富んだ講演でした。報告が遅くなりましたが、お話を事務局の責任でまとめました。 

 動労水戸執行委員の杉井文彦さんは、お話の冒頭に「自分はしゃべり下手で、娘に『呼ばれて話しするよ』と言ったら、『いつもしゃべらないのに大丈夫なの?』と言われた」と笑わせたあと、約40分に渡って被ばく労働拒否にいたる労働組合としてのたたかいについて語ってくださいました。 誠実な語り口に、参加者全員が引き込まれる思いで聞き入りました。

dmkouen2.jpg
 自分は1982年国鉄入社です。その前に、今の南相馬市にある機関区に1年近く臨時雇用されていました。20代の時にお世話になった方が仮設住宅にいると思うと心痛む。人ごとではないです。入社後、配置転換で勝田電車区で車両の整備をしています。
 私たちは、国鉄分割民営化とたたかい、1986年11月に動労水戸を結成しました。組合員は駅の売店などにむちゃむちゃな配転をされましたが、それとたたかって組織を維持し、復帰をかちとった。それをも使ってJR東が攻撃をかけてきたのを打ち破ったところで、あの3・11原発事故が起こりました。

命と安全に妥協はない!
 3・11の震災で組合員でも家が流された人もいます。あの時に電車の下にいた人もいて、生きた心地もしなかった。そこからJR常磐線再開となって、土浦までは早かったが、いわきまでは一ヶ月かかった。そして福島原発から20キロ圏内の広野町に半年間も放置され放射能で汚染された列車を勝田車両センターまで回送して「政府が安全と言うから安全」と検査修繕を強行しようとしてきました。
広野町
 労働組合として、被ばく問題は避けて通れないです。組合員のみならず、若い青年たち、その多くが東労組にいますが、命と安全の問題について妥協してはいけない。被ばく列車K544の勝田車両センターへの回送に対して、そして被ばく車両に関わる一切の作業にストライキ闘争をやりました。組合の中でも何度も討論しました。「ここでやらなかったらズルズルやられる。ここで立とう」と。

青年の決起が職場と組合を変えた
 そのなかで非常に感動的だったのは、やはり、青年である照沼くんの決起です。彼が「自分たちの問題だ」と抗議現場でマイクを握った時、職制が真っ青になって一目散に走ってきた。あの瞬間、数十年がんばってきて「ついに青年を獲得するところまで来たか」と胸にこみ上げるものがあった。忘れることができません。彼の決起がなければ被ばく労働強行を止めるとはいかなかったと思います。
 それに対してJR東労組がやったことは本当に汚い。ストライキを打って組合員が全員職場を出たところで、彼を取り囲んで「再オルグ」をする。「お前、何年かたったら一人になるぞ」と脅し。会社と一体となってやったのは間違いない。こういう攻防をかちぬいて青年が御用労組を脱退して動労水戸に結集した。この生き方をかけた決起への感動です。今は青年組合員が3人まで増えています。

dmseinenbu.jpg

敵は安倍とJR東海葛西。相手にとって不足なし

 仮設住宅にも、地道に呼びかけて結びつき始めています。去年6月1日にJRは常磐線を広野~竜田間の運転再開を強行しました。誰もいないところに、国策として列車を走らせる。まさに安倍と一体となった中心企業であるJR。その東海会長・葛西の体制ですよ。敵として、相手にとって不足はない。これに対して動労総連合を全国に作って対決構図をつくっていきたいと思います。
避難困難

 高線量地へのJR運行再開に、楢葉町の住民が「帰還強制」反対で立ち上がりました。これに労働組合として共にたたかおうじゃないかと。楢葉町には店も病院もない。根底的な怒りがある。これと結合できるかどうかの問題です。福島の「放射能安全」キャンペーンと「帰還」強制に対して、NAZENと一緒にたたかいぬいていく必要があると思います。

民営化・外注化に絶対反対で闘う
 最後に、JR問題について訴えます。最近の事故のひどさです。尼崎事故から10年。分割民営化の破綻ですね。先日の山手線支柱倒壊事故も、2分ずれていたらとんでもない死傷者が出ていた。事故は、「まさか」というようないろんな条件が重なって起きる。このままいったら間違いなく大事故が起きます。
 なんとしても安全を守るたたかいに立ち上がっていきたい。命と安全は、労働組合として妥協点は絶対にない。労働組合運動としてここは原点として大事にしたいと訴えたい。
 結論的にはやはり青年労働者の獲得です。どこの党派もここをやれていない。安倍のやっていることに沸々とした怒りが青年の中にあります。これから、いろんな宣伝や今日のような集会、集まり。どんな契機も一つ一つが大事になってきます。動労水戸としても組織的獲得にがんばっていきたい。

 「昔水戸黄門、今動労水戸」なんて青年に言われたこともありますが(笑)、やっぱり青年を獲得して体力をつけてこそです。「この腕章が目に入らぬか」というところまで(笑)。韓国の鉄道労組との話のなかで、「30数人しかいないのになんで国家政策とあれだけ対決できるのか」と聞かれましたが、動労水戸も捨てたもんじゃない(笑)。
 でも、組合員30数名だけでなく、みなさんの支援があったからなんですよ。だから動労水戸支援共闘の結成は本当にありがたいし、参加をぜひ訴えたい。いただいたお金は、襟を正して本当に大事に使いたいと思います。
 動労水戸のたたかいは少数でも、被ばく労働と闘う組合として、一つの路線・方針として世界とつながっている。これからいろんな試練があると思いますが、みなさんと連帯して意気揚々とたたかいぬいていきたいです(拍手)。

Q&A

●なぜ世界でも希有な被ばく労働拒否のストライキをできたのですか?
 一つは、内部被ばくの問題に敷居はないということ。「何ミリシーベルトならいい」ということはない。被ばくは命の問題だということです。もう一つは会社のあまりの不正義性です。半年間高線量の広野に放置されてきた車両をそのまま持ってきて、清掃労働者にマスクもなしに洗えと。そして、その危険極まりない労働を清掃労働者と青年労働者にやらされる怒り。青年にやらせていいのかと組合で論議して、自分たちだけの問題じゃない、青年のためにもたたかおうとなった。だからストライキまでやる闘争になった。その三つだと思いますね。

●仮設住宅や福島の人たちの反応は?
 仮設住宅にいるお年を召した方は、「国鉄の労働組合がストをやってくれた」。元市職だったり、いろんな経験されているが多くて、「昔は国鉄が地区労の中心になったよねー」とか言われます。
 あとは12万人とも言われる避難されている楢葉町などの人たちの根底的な怒りです。札束で顔をはたいたら言うことを聞くだろうというようなやり方、そして故郷を奪われたことに、ものすごい怒りをもっている。これを風化させちゃいけない。
 この間は、全港湾の労働者といい論議になりました。「やはり3・11は終わってないね」と。今こそ組合が共闘するべき時です。

●原発・除染労働者とのつながりについてはいかがですか?
 私たちのストライキは、「原発労働者は一緒に立ち上がろう」というアピールなんですね。原発労働は下請け・孫請けのシステムで大変です。すぐ「あんた、いらないよ」となる。だからこそ、細心の注意を払って関係を作って組織化を進めていくことが重要だと思います。

11659459_1623196461230963_6487954625015978819_n.jpg
【動労水戸作成の「原発労働者は訴える」パンフレットができました。一部400円でお分けします。ご連絡ください。】

 お話をきいて、労働組合のたたかいでこそ原発を止められるという確信が湧いてきました。福島原発事故は、収束どころか再臨界の危険をもって今なお進行し、福島県の小児甲状腺がんのこどもは「疑い」を含め127人にまでなっています。なのに川内原発再稼働?「17年3月にはすべて帰還」? 常磐線全線開通?とんでもありません。

719nazendemo-flyer01.jpg

 命をかけて働く原発労働者や除染労働者がピンハネされる社会、安保関連法を通して戦争・改憲に突っ走る安倍政権。根こそぎ変えましょう! 7・19NAZEN東京デモ・集会にご参加ください。

719デモフライヤー裏面

プロフィール

NAZENいけぶくろ

Author:NAZENいけぶくろ
NAZENいけぶくろは、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)運動を進める一翼として、池袋を中心とした豊島・板橋などの地域に立ち上がりました。
東京武蔵野病院の労働組合である精神医学研究所労組(精研労組)が事務局を担い、「ふくしま共同診療所」を支える活動などを行っています。一緒に活動しましょう!
メールアドレス nazenikebukuro-2014★yahoo.co.jp(★を@マークに変えてメールしてください)

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR