スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくしま共同診療所・平岩医師迎えて「福島の“今”を聞く会」盛況でした



池袋でふくしま共同診療所の平岩医師を迎え「福島の“今”を聞く会」を開催しました。
3・11福島原発事故からちょうど5年半となる9月11日の前日の開催。福島の子どもたちの甲状腺ガンの拡大が報じられる状況もあってか、会場は満席となりました。福島の子どもたちの甲状腺ガン多発と今後の健康被害など活発な討論がありました。

講師のふくしま共同診療所医師・平岩章好さんは、「福島における小児甲状腺がんの多発と放射線の影響および帰還の強制」と題し、パワーポイントを使って1時間にわたって丁寧に講演をしてくださいました。

s-IMG_20160910_185450.jpg

平岩医師は、講演の最後に以下のように訴えました。

 被曝線量が年間20ミリ・シーベルト以下の避難指示解除区域では、すでに帰還が進められています。
 2015年5月29日自民・公明両党は「東日本大震災復興加速化のための第5次提言」を安倍首相に提出しました。これを受けて政府は6月12日に、50ミリ・シーベルト未満の地域への避難指示を2017年3月までに解除するという驚くべき方針を閣議決定しました。
 もしこの方針が実施されるとすれば、「帰還困難区域」の2万4千人以外はすべて帰還させられるということになり、「居住制限区域」の約2万3千人、「避難指示解除準備区域」の約3万2千人、合わせて約5万5千人が強制帰還の対象になります。
 自主避難者への住宅無償提供は2017年3月で打ち切られます。また、避難指示により避難した人ぴとに対して支給されてきた「慰謝料」も2018年3月で打ち切られます。
 これらの方針は被曝線量100ミリ・シーベルト以下であれば、被爆による健康被害はないという見解を根拠にしているといえます。しかし、先にも述べたように、このような見解はすでに破たんしている誤った考えです。
 更に注意しなけれぱならないことは、ここで問題となっている100ミリ・シーベルトとは「累積100ミリ・シーベルト」を意味するべきですが、政府関係者は故意にか無知のためか、しばしば「年間100ミリ・シーベルト」の意味でもちいています。
 強制的に帰還をよぎなくされた人々は高い放射練にさらされ、健康被害を招く恐れがあります。このような高線量地域への帰還の強制は人権を無視した暴挙です。

甲状腺検査再検討を
 現在、政府(環境省)・福島県・福島県医師会は福島県に於ける甲状腺がん多発の原因として「放射線被曝の影響は考えにくい」という、放射線の影響に関して否定的立場に立っています。
 しかし、放射線の影響を否定する論拠は崩れつつあります。
 チェリノブイリ事故の影響による健康被害について、IAEA(国際原子力機関)の国際諮問委員会が、事故後5年の1991年に出した報告書では原発事故の影響はない、今後も健康被害は出ないであろう、もっとも悪いのは放射能を怖がる精神的ストレスであると述べました。そして、1996年事故後10年たってやっと甲状腺がん多発と放射線被曝の関係を認めたのです。しかし、甲状腺がん以外の疾患については、いまだに放射線被曝との関係を認めていません。
 このような報告がチェルノブイリにおける健康対策を遅らせた―因になったといわれています。福島ではこのような前車の轍を踏むようなことがあってはなりません。
 福島では鳴り物入りで復興が叫ばれ、安全・安心のキヤンペーンがくりひろげられていますが、福島第一原発事故による放射能汚染が除去されたわけではありません。小児甲状腺がんの多発に現れた健康被害は放射線による健康被害の氷山の一角と考えなければなりません。
 原発事故を原因とする放射線被曝による健康被害がなかったことにすることによって、高い放射線地域へ避難民の帰還を強制することは、断じてゆるすことはできません。そのようなことは、避難民の健康と人権を踏みにじることです。 福島第一原発事故による被災者を犠牲にした福島の復興はあり得ません。



ふくしま共同診療所を起点に、地域から「避難・保養・医療」の運動を進めましょう。原発再稼働を止めましょう!

naikekannpatirasi.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

NAZENいけぶくろ

Author:NAZENいけぶくろ
NAZENいけぶくろは、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)運動を進める一翼として、池袋を中心とした豊島・板橋などの地域に立ち上がりました。
「ふくしま共同診療所」を支える活動などを地域で行っています。一緒に活動しましょう!
メールアドレス nazennaike-ikebukuro★yahoo.co.jp(★を@マークに変えてメールしてください)

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。