スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3・11反原発郡山集会に参加しました

「あきらめられるか 忘れられるか 福島の怒りはおさまらない 3・11反原発福島行動14」が3月11日午後1時から福島県郡山市総合体育館で行われ、1100人が全国、そしてドイツ・アメリカ・韓国などからのゲストを迎えて行われました。
この日、まだ雪の残る郡山は、鎮魂とともに、福島切り捨てと原発再稼働を進める安倍政権への怒りと闘いの日となりました。「福島とつながろう! 原発をなくそう!」と私たちも、平日ですが休みをとって参加しました。

IMG_5462.jpg


会場の郡山市体育館内には、ふくしま共同診療所のブースも。この間の放射線検査・治療の報告リーフも販売されてました。ふくしま共同診療所は、この日夜の「報道ステーション」での甲状腺がん問題特集でも大きく取り上げられました!
IMG_5422.jpg


集会では、高校生、沖縄の元基地労働者、脱原発わかやまネットワークの寺井拓也さんは、そして海外からドイツのゴアレーベン核廃棄物処分場建設反対同盟のケアスティン・ルーデック前委員長などなど、さまざまな発言がありましたが、「希望の牧場」の吉沢正巳さんの怒りはまさにフクシマの怒りそのものでした。「仮設住宅で命を落とすお年寄りが出ている。国による棄民だ!」


デモに出発!
NAZENいけぶくろノボリ初お目見え!
IMG_5441.jpg



除染の跡
IMG_5442.jpg


でも、除染で取った土などは道ばたに置かれている! 何の解決にもならないのは明らかです。

デモの間、商店街やマンションなどから、郡山の方々が手をふってくれました。



安倍政権は性懲りもなく川内原発を真っ先に再稼働させるなどと言っています。大量の汚染水の対策すらできないというのに!
これこそ「命よりカネ」の新自由主義の断末魔の姿だ!
職場から地域から原発再稼働阻止の闘いに立ち上がろう。労働組合こそその先頭に立とう!

放射線内部被ばくとたたかう「ふくしま共同診療所」を守り発展させましょう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2014/04/01 08:43)

郡山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

プロフィール

NAZENいけぶくろ

Author:NAZENいけぶくろ
NAZENいけぶくろは、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)運動を進める一翼として、池袋を中心とした豊島・板橋などの地域に立ち上がりました。
「ふくしま共同診療所」を支える活動などを地域で行っています。一緒に活動しましょう!
メールアドレス nazennaike-ikebukuro★yahoo.co.jp(★を@マークに変えてメールしてください)

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。