スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被ばく労働拒否でたたかう動労水戸などを迎えて10・3北部集会が成功



 「労働者の団結で安倍をたおそう」10・3北部集会が81人で成功しました。
 今回の集会は、7・1集団的自衛権行使容認閣議決定という戦争情勢への突入に対し、国鉄闘争を軸に、労働組合を甦らせ、北部地域での安倍打倒の陣形を作ろう!という共通の意志のもとに、画期的な呼びかけ陣形のもとに実行委員会を重ねて実現されました。

ikedadm.jpg
 外注化阻止で闘う動労千葉と並び、茨城-福島をまたいで被ばく労働拒否のストライキをたたかってきたJRの労働組合である動労水戸の池田学執行委員が駆けつけ、被曝労働拒否のストライキが、仮設住宅の住民に支持されていること、ふくしま共同診療所と一体のものとして闘っていることを報告してくださいました。動労水戸のたたかいは、労働組合のもっている本来の可能性をくっきりと示してくれています。
 NAZENいけぶくろとしてふくしま共同診療所を支えるカンパを訴え、3万1060円を振り込みました。
 今こそ安倍を倒し、原発再稼働を止める時。
この集会をステップに、更に地域からうねりを作っていきましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

NAZENいけぶくろ

Author:NAZENいけぶくろ
NAZENいけぶくろは、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)運動を進める一翼として、池袋を中心とした豊島・板橋などの地域に立ち上がりました。
東京武蔵野病院の労働組合である精神医学研究所労組(精研労組)が事務局を担い、「ふくしま共同診療所」を支える活動などを行っています。一緒に活動しましょう!
メールアドレス nazenikebukuro-2014★yahoo.co.jp(★を@マークに変えてメールしてください)

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。