スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NAZENいけぶくろ第2回総会 「被曝と帰還の強制絶対阻止」 フクシマ署名を東京で進めよう!

naいけ総会2

去る1月31日、NAZENいけぶくろ第2回総会を練馬駅前の「ココネリ」で行いました。
 NAZEN東京代表の佐藤さんから、自治体などでの福島署名の取り組み、更に東京の被ばく問題などについて提起を受けました。
 参加者からは、「福島署名を組合内で進めたい」など活発な意見が相次ぎ、今後のNAZEN運動の発展のバネとなる総会でした。
五條代表の司会のもと、経過報告、会計報告が行なわれ、佐藤さんの提起を受けての3・1ビキニデー集会(高円寺)、3・11反原発福島行動に向かって、福島署名を進めようとの方針が確認されました。
以下、佐藤さんのお話の要旨です。

【NAZEN東京代表・佐藤さんのお話(要旨)】

●自治体職場で福島署名を取り組み
 私は、区役所に勤める労働者です。これまでも戦争に反対するということで組合内でやってきましたが、今回「被ばくと帰還強制反対」の署名を自分の組合に持ち込みました。
被曝と帰還の強制反対署名

 集まったらこれをもって福島に直接持って行きたいと思っています。常磐線の全線開通で高線量地域に「戻れ」のキャンペーンが行われていますが、そうなると最初に戻るのは市役所、そして学校、水道など昔の「三公社五現業」です。自分たちも被ばくしながら更に被ばくする人たちを迎えるなんてそんなおかしなことは自治体労働者としてできない。そういう共闘の意志を示すことになると思っています。
 あの戦争の時に「反対できない空気があった」と言われる。そんな空気などないんだということを、この署名運動で示したいです。

●福島で広がる原発事故後の健康被害

naいけ総会3

 表を見てください。2013年までのデータで、なぜそのあとはないのかと思いますが、とにかく明らかに原発事故後に病気が増加していることを、福島医科大学自身が認めている。
 ヒロシマ・ナガサキではアメリカが被ばくデータを隠し持っていた。それと同じことが行われようとしています。絶対に認めることはできません。

●東京全体で保養、被ばく反対の運動を
 NAZENが東京各地で立ち上がっています。福島からの「保養運動」が、全国的には少なくなってきていますが、NAZENとしてはむしろ取り組みを強めていて、青森などでは政治党派を超えた取り組みになっています。NAZENいけぶくろでは医療介護の労働者が多いですが、「ちょっと手伝ってくれないか」とどんどん声をかけてほしいです。3日福島を離れるだけでもセシウムが抜ける。大分違うそうです。新しい人がどんどん参加していく運動にしたい。
 それと、最近中央防波堤見学会をしました。ゴミの埋め立て地ですが、実は8000ベクレルを超える焼却灰が埋められている。また1万ベクレルを超える仮置き場もある。「仮置き場」というけど、「ずっと仮置き場のままでしょう」と現場の労働者が語っていました。これを決めたのは石原都知事の時です。
 また、動労水戸という労働組合が被ばく労働拒否のストライキを闘ってきましたが、東京でも動労東京が立ち上がったということで、12月10日に常磐線運転再開反対で一緒にJR本社前行動をやりデモもしました。
 JRのダイヤ改定翌日の3月5日に新宿デモをすることになっています。3月1日のビキニデー集会も取り組みをお願いします。福島署名を集めましょう。

naいけ総会1

●労働者と住民が団結すれば原発は止められる!
 日本の原発で、反対運動で止めたのが何基あるか知っていますか?(「2基?」「もっと?」)
 実は33あります。現在54基ありますが、これだけの原発を止めている。それだけの力が地域にはあるんです。現場の労働者と地域の力を信じて闘えば、勝てるということなんです。あきらめ、絶望、「空気」の問題。これをうち破って、「労働者には力がある」ということを示しましょう。
 NAZENの運動は、動労水戸を先頭とした国鉄闘争を軸に、私たち自治体労働者もいるし、大きな広がりの可能性をもっています。
 労働組合に福島署名を訴え、地域から集め、みんなで3・11福島に持って行きましょう。
(事務局でまとめました)

20170113000006150.jpg

奪われてたまるか! 避難 いのち 子どもの未来
3・11反原発福島行動17
 3月11日(土)
  正午開場
  午後1時開会
  午後3時デモ出発
  開成山公園・野外音楽堂
 主催 3・11反原発福島行動実行委員会

第2回被曝・医療 福島シンポジウム
 3月12日(日)午後1時30分
 福島グリーンパレス(福島市太田町13―53 福島駅西口徒歩3分)
 主催 被曝・医療 福島シンポジウム実行委員会
スポンサーサイト

福島への視察ツアーの「白タク」でっち上げ弾圧粉砕、2・5浦和デモ


福島への視察ツアーを『白タク』でっち上げ逮捕なんておかしい!NAZEN埼玉の3人の仲間への弾圧について、東京新聞が特集記事にしました。
共謀罪の先取り。まさにその通りです。

2月7日の勾留満期前の5日(日)に集会と弾圧粉砕デモがもたれます。是非参加ください。

●2・5NAZEN埼玉集会

避難者の支援打ち切りはおかしい! 帰還と被曝の強制に反対する集い
 2月5日(日)9:30開場 10:00開始

 武蔵浦和コミュニティセンター 第4集会室

元双葉町町長の井戸川克隆さんの講演があります。


●『白タク』でっち上げ逮捕弾劾! 埼玉県警抗議デモ

 2月5日(日)13:00 JR浦和駅東口パルコ前広場集合
 埼玉県警に向けてデモを行います。

プロフィール

NAZENいけぶくろ

Author:NAZENいけぶくろ
NAZENいけぶくろは、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)運動を進める一翼として、池袋を中心とした豊島・板橋などの地域に立ち上がりました。
東京武蔵野病院の労働組合である精神医学研究所労組(精研労組)が事務局を担い、「ふくしま共同診療所」を支える活動などを行っています。一緒に活動しましょう!
メールアドレス nazenikebukuro-2014★yahoo.co.jp(★を@マークに変えてメールしてください)

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。