熊本大震災は「第2の3・11」今すぐ川内原発など全原発を止めろ!

20160417101742.jpg
20160416-00000054-asahi-000-view.jpg

4月14日、熊本県で大地震、さらに16日にもM7・3の大地震が起こり、最大震度6強の地震・余震が幾度も九州を襲っています。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、なんとしてもみんなの力を合わせて助け合って生き抜こうではありませんか。

 
今回の熊本大地震は活断層の横ずれによるものです。熊本県の地下には全長81キロにわたる日奈久断層という活断層があり、この断層がずれて大地震につながったというのが専門家の一致した意見です。
 問題は、この断層の南端に、現在唯一稼働中の川内原発があることです。
原子力防災担当相を兼務している丸川珠代環境相は16日、政府の地震非常災害対策本部会議で、川内原発について、「原子力規制委員会において停止させる必要はないと判断されている」と報告しました。しかし、川内原発には、世界標準のコアキャッチャーも免震棟も避難路確保もないことが明らかとなっています。

AS20160416000191_comm.jpg
また、鹿児島県薩摩川内市の岩切秀雄市長は、川内原発で重大事故が発生した場合、「住民避難のために九州新幹線を」と言っていました。ところが、九州の新幹線は脱線し、現在全線不通です。高速道路も地割れ・陥没で使用不能。「避難計画」など完全に破産しています。
 さらに、日奈久断層の先には四国の伊方原発、静岡の浜岡原発、新潟の柏崎原発があります。佐賀の玄海原発も活断層上にあります。多くの原発が、活断層上に建てられているのです。

20160417101742.jpg

 5年前の出来事を思い出しませんか? 起きていることは、「第2の3・11」です。今すぐ川内原発を止めろ! すべての原発を廃炉にしろ! 今こそ声をあげましょう。
 動労福島-NAZEN福岡が呼びかける熊本地震被災地救援カンパに協力ください


★★熊本地震 被災地への救援カンパをお願いします★★ 
4月14日、熊本県益城町で震度7の地震が発生し、余震が続く中、16日未明には「本震」とされるさらに大きな地震が発生し、まったく予断を許さない事態が続いています。被災されている方々に心からお見舞い申し上げます。
 動労福島の組合員(郡山駅キオスク勤務)は、今回の地震で被害が大きい益城町の出身です。益城町在住のご両親とお兄さん家族が被災し、ライフラインがストップしている中、厳しい避難生活を送っています。組合員本人が支援品とカンパを持って現地入りします(4/20)。ご支援をよろしくおねがいします。
 今回の地震で、あらためて日本は地震大国であるという現実がつきだされました。原発再稼働などもってのほかです。しかし、九州電力は直ちに「川内原発に異常はなく発電を続けます」と発表しました。福島第一原発事故を反省していないあらわれです。薩摩川内市長は「原発事故時が発生した場合、避難に新幹線を活用」(2014年8月14日)などと言っていましたが、今回の地震で新幹線は脱線し、今なおストップしています。「安全」で「確実」な避難方法などないのです。
 このような状況でも川内原発を停止しない九州電力と政府の対応に不安と怒りを募らせながらの終わりが見えない避難生活の苦しさは、5年前の3.11大震災と原発事故を体験している私たちにとって決して見過ごすことはできません。被曝労働拒否をつらぬく労働組合として、安倍政権による原発再稼働を許さず、戦争・改憲と労働法制改悪を阻止するために闘っていくことをあらためて決意しております。
 被災された方々への支援のカンパのご協力をよろしくおねがいいたします。(動労福島の声明)

●カンパ振込先
ゆうちょ銀行 口座番号17120-18083901
 クラオカマサミ

この口座に他金融機関から振り込む場合 
【店名】七一八【店番】718
【預金種目】普通預金【口座番号】1808390
スポンサーサイト

3・11から5年ー「熊本大地震」 日々怒りを新たにして進んでいこう!

20160417-00000025-asahi-000-5-view-1-600x372.png

3・11から5年ー「熊本大地震」
日々怒りを新たにして進んでいこう!
 


NAZENいけぶくろ共同代表 五條敦


早いもので、福島第一原発の過酷事故から5年が経過しました。

この間、すべての原発が停止した時期もありましたが、現時点では、昨年8月、10月と立て続けに再稼働された川内原発1、2号機が運転されています。

4月14日、そのすぐ近く、熊本県で最大震度7の大地震がありましたが、この2機は何事もなかったかのように動き続けています。激しい怒りとともに、底知れない恐怖を感じます。


ところで、今年に入っても、原発推進勢力の面々の信じられない暴言、妄言が相次いでいます。


◎丸川珠代環境相:2月7日、長野県松本市の講演会で、「1ミリシーベルトは何の科学的根拠もない。反放射能派がワーワー言っている」などと発言。衆院予算委員会で発言を追及されると一旦は否定、12日になってようやく撤回。


◎高木毅復興相:2月23日、外国メディア向けの記者会見で、事故原発の汚染水について「港湾内で完全にブロックされていて、状況はコントロールされている」と発言。


◎八木誠関西電力社長:3月18日、記者会見で、関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定をめぐり、「上級審で逆転勝訴した場合、(申し立てた住民への)損害賠償請求は検討の対象になりうる」と発言。


◎安倍晋三首相:4月1日午前(日本時間2日未明)、「核安全保障サミット」で演説し、東京電力福島第一原発の事故を踏まえ「日本は二度とあのような事故を起こさないとの決意の下、原子力の平和的利用を再びリードすべく歩み始めた」と原発の再稼働推進を宣言。


 
川内原発と熊本震災
なぜこの人たちには合理的・科学的な思考ができないのか、そして生命体であれば当然に備わっているはずの危険を察知する感覚、本能がマヒしているのか。おそらくカネや権力など目先の利益だけにとらわれているからでしょう。
 目に見える成果がなかなか上がらない運動を続けることは容易ではありませんが、幸か不幸か、彼らは私たちに間断なく怒りの火種を与えてくれます。これからも一進一退が続くでしょうが、すべての原発の恒久的な停止を勝ち取るまで、しぶとくしたたかに闘っていきましょう。

プロフィール

NAZENいけぶくろ

Author:NAZENいけぶくろ
NAZENいけぶくろは、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)運動を進める一翼として、池袋を中心とした豊島・板橋などの地域に立ち上がりました。
東京武蔵野病院の労働組合である精神医学研究所労組(精研労組)が事務局を担い、「ふくしま共同診療所」を支える活動などを行っています。一緒に活動しましょう!
メールアドレス nazenikebukuro-2014★yahoo.co.jp(★を@マークに変えてメールしてください)

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR