スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍政権たおそう! 福島の怒りを先頭に全原発廃炉へ! 11・2労働者集会と東電直撃デモ

 第二次安倍政権が、金権腐敗でグラグラになっています。小渕経済産業大臣・松島法務大臣の辞任だけでの幕引きなど許されません。今こそ、原発再稼働・原発輸出と戦争・改憲にひた走る安倍政権を私たちの怒りでうち倒すチャンスです。
 11月2日、日比谷野外音楽堂で安倍打倒の全国労働者集会・デモが開かれます。この集会で発言される長崎被爆者(NAZENナガサキ)城臺美彌子さんが参加の呼びかけを発表されました。紹介いたします。ぜひご参加ください。

11・2集会への参加の訴え
f2645_02_02h.jpg
戦争・原発を止めるために団結しましょう
被爆者・NAZENナガサキ 城臺美彌子

 戦争が終わってからまだ69年しか経っていません。それなのにもう戦争の甘い汁を吸いたい人びとが戦争をしたがっています。
 戦争には必ず犠牲になる労働者、女、子ども、その裏にニヤニヤと笑い続ける死の商人たちがいることを忘れてはなりません。
 あの忌まわしい戦時中、戦争を推し進めた上に、その責任をまっとうすることなく、うまく生き延びて、再び国政に関わった恥知らずな人を祖父に持つ政治家が、恥の上塗りとも意識せず、想像せず、今また大変な間違いを犯そうとしています。安倍首相本人です。
 日中戦争勃発から15年、その最後の4年間はアジア太平洋戦争にだぶったのです。何度も何度もあった話し合いの解決の機を武力で押し切ってナショナリズムを通した結果、戦争は泥沼化し、国民の命はゴミのように捨てられ、戦争の犠牲にされていったのです。
 今、再び、この指導者と死の商人たちは結びつき、その回顧主義は「日本を取り戻す」と高らかに叫び、「積極的平和主義」と、真の平和とは似ても似つかぬ軍事用語を振り回しています。
 しかも短時間で、切羽詰まったようにあんなに急いで集団的自衛権の行使容認の閣議決定を行ったのに、現国会審議では集団的自衛権に関してはなりを潜めたように出てきません。
 国会周辺の声や集会に集まった人びと、国民の強い批判をかわす手でしょうか。たとえ質問されても答えはいつも変わりません。きっとコピペで答えているのでしょう。
 国会では必ず「国民には納得のいく説明を」と答弁する人が、こともあろうに8・9長崎平和記念式典後、「集団的自衛権の容認は納得できない」と迫った被爆者に「見解の相違」と答え、足早に去ったのです。また福島では健康被害は「今もこれからもない」と断言し、「汚染水はコントロールされている」と大うそをぬけぬけと外国向けに発言しています。
 ふくしま共同診療所の闘いは、ナガサキ・ヒロシマの闘いでもあります。このような人にこのまま国政を任せていたら、多くの国民の命や人間らしく生きる権利をみすみす奪われていくこと間違いなしです。黙って見ているわけにはいきません。
 今、いろいろな職場の労働組合が起ち上がり、職場で闘う労働組合をつくってほしい。かつて私も教育現場で日教組組合員として38年間、賃上げ闘争などをやり、生きていく力を得ました。
 日本の未来のために、戦争・原発を止めるために集会に参加し、ともに団結いたしましょう。「一人ひとりは微力だが無力ではない」を合いことばに団結し、安倍政権にはお引き取りを願いましょう。
スポンサーサイト

機は熟しつつある 今こそ安倍打倒の闘いを! (五條敦)

NAZENいけぶくろ共同代表の五條敦さんが、安倍批判の文章を機関紙「NAいけ」に書かれました。

以下、掲載します。

機は熟しつつある 今こそ安倍打倒の闘いを!

NAZENいけぶくろ共同代表 五條敦

今度はシンガポールで言いたい放題
10月8日、日比谷野外音楽堂で開催された日弁連主催の集団的自衛権行使反対の集会で、中野晃一さん(上智大学教授、政治学)から安倍首相のとんでもない発言が紹介されました。
それは5月30日、シンガポールで開催されたアジア安全保障会議で安倍が行った基調講演での「自由と人権を愛し、法と秩序を重んじて、戦争を憎み、ひたぶるに、ただひたぶるに平和を追求する一本の道を、日本は一度としてぶれることなく、何世代にもわたって歩んできました。これからの、幾世代、変わらず歩んでいきます」という発言です。

今年は日清戦争の開戦から120年目に当たります。その後日本は50年以上にわたって戦争と侵略を繰り返したあげく、1945年の敗戦を迎えました。戦後も「思いやり予算」付きで基地を提供し、「復興支援」、「後方支援」という名目で自衛隊を派兵するなど、一貫してアメリカの戦争に協力してきました。そして、この発言のほぼ1か月後、7月1日には集団的自衛権行使容認の閣議決定を行い、さらに日米ガイドラインの再改定によって地理的にも時間的にも「切れ目のない」戦争即応体制を築こうとしています。

つまり、安倍の発言は徹頭徹尾大ウソであり、よりにもよってかつて日本軍が過酷な軍政を敷き華僑虐殺事件まで引き起こしたシンガポールの地でそれを撒き散らしたわけです。しかも、この発言は外務省のホームページに日本語と英語で堂々と掲載され、いわば日本政府の公式見解として国内外に広報されています。正気の沙汰とは思えません。

増長する右派勢力
このようにやりたい放題の安倍政権の下で、右派勢力や警察権力の増長ぶりがエスカレートしています。産経・読売、新潮・文春などの朝日バッシング、在特会周辺の右翼グループによる経産省前脱原発テントの襲撃、辺野古での海上抗議活動に対する海上保安庁の暴力的弾圧など、その事例に事欠くことはありません。
そして私も、9月29日の臨時国会開会日に行われた国会包囲行動に参加したとき、警察の過剰警備を身を以て体験しました。
以下、百万人署名運動のブログから引用します。
keikan1.jpg

「それにしても、国会周辺に行くと、これが憲法下の国会なのか?!と思う。この日も例外ではなかった。まず、警察の不当な警備状態だ。それも「天皇警備」。国会開会日に天皇が出席するが、その警備と称して今回は国会正門前周辺を鉄柵で封鎖し、その周辺を通行することをも許さないという不当なことを行った。こんなことはこれまでになかったこと。
このせいで、国会図書館方向から国会正門前に向かった百万人署名運動の仲間の一人(注:これが私です)は、途中で正門方向に行けず、戻ってグルリと大回りさせられた。ところが反対側から正門前に行こうとすると、今度はまた途中で警官から「ここから正門方向へは行けない」と制せられまた別方向へ。

keikan2.jpg
連絡を受け迎えに行った仲間が抗議してやっと合流できたが、こんな形で他の人たちも分断させられたのではないだろうか。
ところが、なんと!「日の丸」を持った一団は正門前を堂々通過させたのです!そして、抗議の中、天皇の車列が出て行った後、やっと封鎖が解かれたのです。いったい主権者は誰なのか!」

安倍打倒へ全力で闘おう!
世論に反することばかり強行しながらも株高や外遊で高支持率を維持してきた安倍政権ですが、ここへきてアベノミクスと外交の行き詰まりはどう取り繕っても糊塗できないレベルに至っています。起死回生を狙った北朝鮮の拉致再調査は不発、女性閣僚の登用も逆効果に終わり、沖縄知事選や消費再増税の判断も安倍を一層の窮地に立たせる方向に作用するでしょう。
情勢は明らかに転換しつつあります。この好機を逃すことなく「切れ目のない」運動を展開して、10.3北部集会のスローガンにあったように、労働者の団結で戦争、原発、外注化・非正規化の安倍を倒そうではありませんか。

11月2日、全国労働者集会(日比谷野音)に集まりましょう!

被ばく労働拒否でたたかう動労水戸などを迎えて10・3北部集会が成功



 「労働者の団結で安倍をたおそう」10・3北部集会が81人で成功しました。
 今回の集会は、7・1集団的自衛権行使容認閣議決定という戦争情勢への突入に対し、国鉄闘争を軸に、労働組合を甦らせ、北部地域での安倍打倒の陣形を作ろう!という共通の意志のもとに、画期的な呼びかけ陣形のもとに実行委員会を重ねて実現されました。

ikedadm.jpg
 外注化阻止で闘う動労千葉と並び、茨城-福島をまたいで被ばく労働拒否のストライキをたたかってきたJRの労働組合である動労水戸の池田学執行委員が駆けつけ、被曝労働拒否のストライキが、仮設住宅の住民に支持されていること、ふくしま共同診療所と一体のものとして闘っていることを報告してくださいました。動労水戸のたたかいは、労働組合のもっている本来の可能性をくっきりと示してくれています。
 NAZENいけぶくろとしてふくしま共同診療所を支えるカンパを訴え、3万1060円を振り込みました。
 今こそ安倍を倒し、原発再稼働を止める時。
この集会をステップに、更に地域からうねりを作っていきましょう。

プロフィール

NAZENいけぶくろ

Author:NAZENいけぶくろ
NAZENいけぶくろは、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)運動を進める一翼として、池袋を中心とした豊島・板橋などの地域に立ち上がりました。
「ふくしま共同診療所」を支える活動などを地域で行っています。一緒に活動しましょう!
メールアドレス nazennaike-ikebukuro★yahoo.co.jp(★を@マークに変えてメールしてください)

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。