FC2ブログ

2・9『恐怖のカウントダウン ~東海第二原発を止めたい』池袋上映会&トーク

東海原発上映会チラシおもて
『恐怖のカウントダウン~東海第二原発を止めたい』池袋上映会&トーク

2月9日(土)18:45 上映開始(上映28分)
遠藤大輔さんのお話
映像制作者/ VJU ビデオジャーナリストユニオン

としま産業振興プラザ・第3会議室
池袋駅西口より徒歩約10 分、南口より約7 分
※資料代 500 円

●予約希望の方は、下記へご連絡ください。
●上映DVDを普及用として1枚1000円で提供しています。


主催:NAZENいけぶくろ 共催:NAZEN東京
連絡先:豊島区西池袋5-13-10-603 電話:03-6914-0487
メール:nazennaike-ikebukuro311@yahoo.co.jp
ブログ :http://nazenikebukuro.blog.fc2.com/

昨年11 月7日、東海第二原発の20 年の運転延長が認可されました。
東海第二は、操業開始から40年の老朽原発です。30km圏内に約100万の人口を抱えた原発で事故が起きたら、どれだけの被害が出るのか想像もつきません。東京さえ人の住めない地となるでしょう。

東海第二は横須賀の原子力空母以外では、首都圏で唯一の原発です。福島第一原発事故が示したように、大事故が起これば避難できません。
ところが日本原電は、東海第二を再稼働させる際は水戸市や東海村など6 つの自治体から事前了解を得るとの協定を結んだにもかかわらず、自治体に「拒否権はない」と言っています。
こんなことが許されるでしょうか? これは私たちの問題です。

NAZENいけぶくろ東海原発上映会チラシうら
東海第二原発を再稼働させてはいけない!

 東海村は日本の核開発の中心拠点です。1956 年、日本原子力研究所(現在の日本原子力研究開発機構=JAEA)が東海村
に設置されました。以来、東海村には原子力事業所が軒をつらねています。
 1999 年のJCO臨界事故に見るように、それぞれが危険な作業をしています。この中心が東海第二原発です。2014 年には米
政権からプルトニウム引き渡し要求がありました。
 「引き渡し対象は東海村の高速炉臨界実験装置(FCA)にある核物質だった。同施設にはプルトニウム約300kg と高濃縮ウラン約200kg があるという。プルトニウムの8割は核爆弾に転用しやすい純度92%だ」(青木美希著『地図から消される街』講談社現代新書)
 安倍政権は日本の核武装のために東海第二の延命・再稼働に躍起になっているのではないでしょうか?
 東海原発再稼動を止め、改憲・戦争と核武装を阻止しましょう。

2・24相沢一正さん(元東海村村議)講演会に集まろう
What’s 東海原発?
何でこんな危ないものいつまでも動かすの?
―相沢さんに聞いてみよう!
(相沢一正さん/元東海村村議、脱原発とうかい塾代表世話人)
2月24日(日)
14時~(開場13時半)
西荻地域区民センター 3・4集会室 西荻窪駅北口より徒歩15 分 杉並区桃井4-3-2
主催 東海第二原発再稼働反対 実行委員会

原発もオリンピックもいらない! 3・11反原発福島行動へ
 あの日から8年がたとうとしています。福島の原発事故は終わっていません。県内の小児甲状腺がんが200人を超え、被ばくはいまも続いています。
 全国からのカンパで建設されたふくしま共同診療所が、国や福島県が隠ぺいする被ばくの現実を告発し、「避難・保養・医療」の実践で、地域のよりどころとなっています。ふくしま共同診療所が呼びかける「被曝と帰還の強制反対署名」は、5万9千筆を超え、原発労働者など福島の怒りが拡大しています。
 安倍政権は「この国を守る」と言いますが、3・11とその後の8年弱が示していることは、国は国民を守らないということです。
被ばくの情報を隠し、「避難計画」のウソでごまかして、自治体とJRなどを動員する…。まさに戦争体制です。
 原発も戦争・改憲も東京オリンピックも全部ぶっとばそう!
3・11反原発福島行動'19(開成山公園・野外音楽堂)
 http://fukushimaaction.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

東海第二原発の現地調査に参加して

s-最新NAZEN集会ビラ
9月22日に、NAZEN東京で東海原発と関連施設の見学会に行ってきました。
報告ビデオができましたので、ぜひご覧ください。


合わせて、NAZEN通信10月号に報告分を掲載しましたので、参照ください。

安倍政権は、改憲と一体で、伊方原発の再稼働を強行し、更には40年の運転機嫌を迎える東海第二原発の再稼働まで狙っています。「戦争のできる国」=核を持てる国への暴挙です。
11月4日(日)に、日比谷野外音楽堂にて、全国労働者集会と「改憲阻止1万人行動」が行われます。この集会は、ゼネストを韓国のパククネ政権を倒した民主労総ソウル地域本部、アメリカで全州ストライキを実施したウェストバージニアの教育労働者とイラク戦争で港湾封鎖で闘ったILWU(国際港湾倉庫労組)など世界の闘う労働組合を迎え、「ストライキと国際連帯で戦争と改憲は止められる」展望を示す集会です。
高線量地域への常磐線運転再開反対・被曝労働拒否のストライキで闘う動労水戸とともに、改憲と核武装、フクシマ圧殺をぶっとばしましょう。

9142531b-s.jpg 
この11・4日比谷野音集会には、さらに、横田基地へのオスプレイ配備に反対する住民、安倍の「働き方」改悪に怒る「東京過労死家族会」、築地の移転に反対する仲卸の方などがアピールします。
 ぜひお時間を作っておいでくださるよう、訴えます。

b7a6a8bf1bcafb5186e46a7148f40380-1-768x1086.jpg 

11・4全国労働者総決起集会&改憲阻止!1万人大行進

スローガン:
●ストップ!9条改憲発議 労働大改悪・総非正規雇用化と闘おう!
●国鉄1047名解雇撤回! 第三の分割・民営化攻撃粉砕!
●関西生コン支部への弾圧をはね返そう! 改憲・戦争に向けた労働組合の破壊を許すな!

日時・場所:
11月4日(日)正午~、東京・日比谷野外大音楽堂

■正午〜午後2時 全国労働者総決起集会
呼びかけ団体から/国際連帯の訴え/国鉄1047名解雇撤回闘争/乗務員勤務制度解体・外
注化を許すな!/「働き方改革」との闘い
★韓国・民主労総ソウル地域本部から代表団約30人
★全米教員ストの震源地・ウェストバージニア州の教育労働者
★国際港湾倉庫労働組合(ILWU)港湾労働者記念協会
★東京過労死を考える家族の会

■午後2時 改憲阻止!1万人大行進
発言 西川重則さん(とめよう戦争への道!百万人署名運動)/野本三吉さん(改憲阻止
!大行進神奈川・準)/福本道夫さん(横田・基地被害をなくす会)/沖縄から/築地市
場の豊洲移転に反対する仲間/三里塚芝山連合空港反対同盟、その他、多数の団体や青年
労働者、学生からアピール!

■午後3時 銀座デモ

呼びかけ 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部/全国金属機械労働組合港合
同/国鉄千葉動力車労働組合/国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援す
る全国運動/改憲・戦争阻止!大行進

詳しくは、改憲・戦争阻止!大行進東京北部ブログを参照ください。

9月29日NAZEN東京学習会「福島の健康被害と内部被曝」ふくしま共同診療所医師杉井さんに聞いてみよう

9月29日学習会_ページ_1 

NAZEN東京は9月29日(土)に公開学習会を行います。

9・29NAZEN東京学習会
「福島の健康被害と内部被曝」
ウソだらけの復興庁「放射線のホント」
ふくしま共同診療所医師杉井さんに聞いてみる

9月29日(土)18時半~20時半
阿佐ヶ谷地域区民センター 第4・5集会室
(JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩2分)
資料費500円

主催:NAZEN東京
連絡先/東京都杉並区天沼2-3-7-3B
090-6658-1544(北島)

NAZEN東京9・29学習会ビラ裏 

9・1東海第二原発再稼働阻止! NAZEN東京ビラを紹介します

s-NAZEN東海阻止ビラ 
PDFダウンロードはここをクリック

東海第二原発の再稼働阻止! 
 運転延長を許さず廃炉に!
  住民も労働者も被曝してはならない!
   動労水戸に続き被曝労働拒否で闘おう!

NAZEN東京

 安倍政権と原子力規制委員会は、東海第二原発の再稼働と運転延長を強行しようとしています。東海第二は横須賀の原子力空母以外では、首都圏で唯一の原発です。11月28日に「寿命40年」を迎える老朽原発です。東日本大震災では外部電源を喪失し、津波があと70センチ高ければ全電源を喪失し、原子炉の冷却ができなかった可能性があると指摘されています。東海第二原発は廃炉以外にありません。
 9月1日には水戸市で1000人の「再稼動STOP」集会・デモが闘われました。「福島の二の舞にするな」「さっさと廃炉にしろ」の声であふれました。
 「常磐線全線開通反対」で闘う動労水戸は、「乗客に被曝を強いるな」と取り組みを決定し、JRに対し「鉄道会社として『再稼働するな』と日本原電に申し入れろ」と団交を求めています。自治体労働者など首都圏の労働者に「被爆労働を拒否して闘おう」とよびかけています。東海第二原発再稼動阻止は東京の闘いです、動労水戸に続き、茨城・福島と一体になって闘いましょう。
 
被曝から命を守ろう!福島を繰り返すな!

 避難などできない。東海原発30㌔圏内には96万人が居住しており、昼間の人口は300万人と言われます。茨城県の試算では、「5㌔圏内の8万人が避難するのに30時間かかる」とされてます。そもそも国の方針では「5㌔圏の住民は放射性物質の放出前に避難を始めるが、5㌔~30㌔圏90万人の住民はまず屋内にとどまり、放射線量に基づき避難する」となってます。大事故となれば大量の住民が被曝し命の危険にさらされます。
 福島第一原発事故が示したように、大事故が起これば避難できません、政府も当該の県も住民を避難させず被曝を強制し、見殺しにします。東京は東海第二原発から100㌔から200㌔圏内です。大事故が起これば、人類史上最悪の核惨事となります。被曝しても国は「健康被害は風評」として無視抹殺しようとします。これは今まさに福島で進行している事態です。福島を繰り返さないためには、再稼動を止め、全原発を廃炉にするしかありません。

東海村プルトニウムを使った日本の核武装許すな!

 東海村は日本の核開発の中心拠点です。1955年に原子力委員会が設けられた翌年の1956年、日本原子力研究所(現在の日本原子力研究開発機構=JAEA)が東海村に設置されました。以来、東海村には原子力事業所が軒をつらねています。1999年のJCO臨界事故に見るように、それぞれが危険な作業をしています。この中心が東海第二原発です。
 2014年には米政権からプルトニュウム引き渡し要求がありました。「引き渡し対象は東海村の高速炉臨界実験装置(FCA)にある核物質だった。同施設にはプルとニウム約300kgと高濃縮ウラン約200kgがあるという。プルトニウムの8割は核爆弾に転用しやすい純度92%だ」(青木美希著『地図から消される街』講談社現代新書)。日本の核武装はこの東海村プルトニウムの使用が想定されていると見て間違いありません。

 今春、米国は日本に対しプルトニウム保有の削減を迫りました。日本の核武装を警戒しているからです。7月31日に国の原子力委員会は「プルトニウム保有量は、現在の水準を超えることはない」との「考え方」を出しましたが、具体性は何もなく、むしろ削減しない本音がむき出しになりました。
 安倍政権は日本の核武装の成否をかけて東海第二の延命・再稼働に躍起になっています。東海原発再稼動阻止を、改憲・戦争と核武装を阻止する闘いとして広げましょう。

9・1東海第二原発再稼働STOP! 茨城大集会に参加しました

attachment01_20180902182330.jpg 
9月1日に、東海第二原発再稼働STOP!茨城大集会が1000人で行われました。
私たちNAZENいけぶくろも動労水戸の皆さんと一緒に参加しました。
以下、動労水戸ブログより画像と文章をお借りして報告に代えます。

駿優教育会館大ホールが完全に満員となる大盛況。1000人の熱気で集会が始まりました。 
東海村議会議員阿部功志さんの司会。長年茨城で反原発運動に携わって来られた小川仙月さんが主催者代表としてあいさつし、集会が始まりました。 

会場入り口では、西納書記がテーブルの一画を借りて動労水戸支援共闘のパンフレットを配り、常磐線全線開通反対署名を集めました。 

 集会では特に、福島からの訴えが胸に沁みました。前南相馬市長桜井勝延さんは、市長として責任を取って来た立場から「最高の避難計画は、再稼働させないことだ」「憲法を変えるのではなく、政府に守らせるために、避難者に憲法を配った」とキッパリ。人として凄いと感じました。

 双葉町の大沼勇治さんは「原子力明るい未来のエネルギー」と言う標語を小学生の時に考えて、表彰をもらった人でした。「家を建てて6年住んで原発事故にあい、茨城県古河市に避難をして7年。事故後に生まれた子供が小学生になった。避難区域の見直しで避難者が分断され、住宅保障も打ち切られる。ふるさとを奪われ東海第二原発再稼働で、再び避難させられることがあってらならない」と切々と訴えられていました。 

 他の発言者も様々な立場から再稼働絶対反対を訴えていました。元日本医師会会長で医療法人大圃病院理事長の原中勝征さんは、浪江町出身で「政府は国民を守っているのか!除染労働者のガンが激増しているが、発表しない。小児甲状腺ガンについても隠している」と静かな言葉に怒りを込めていました。 

 常陸農協組合長の秋山豊さんは「JCO臨界事故」の時の苦難と東電の酷さの生きた教訓を語り「私たちは保守だが、周辺の農民、農協はすべて東海第二原発の再稼働に反対している」と話されたのも印象に残りました。 

 集会には、県内は元より全国からも大勢参加していました。東海原発の事故問題は周辺30キロ100万人の問題でなく、全国、全世界の問題です。 

FB_IMG_1535096300685.jpg 
 動労水戸は8月に、ドイツで最終処分場への使用済み核燃料の搬入を阻止し続けているゴアレーベンの反対同盟と交流し、東海第二原発再稼働と福島第二原発事故を無きものとする常磐線全線開通反対の闘いについて報告して来ました。反対同盟元委員長のケアスティンさんは、以前にもまして深い共鳴をしてくれました。 
 私たちは、ゴアレーベンの緑色と黄色の旗を動労水戸の旗と並べてデモ行進することを約束しました。 

83d25a74.jpeg 
 デモにはNAZENの仲間が加わり、鳴り物があって注目度も抜群。周りの人たちも盛り上がり、先にデモを終わった人たちが手を振って一体になりました。 
国鉄のOBの人まで入って来て、前の隊列で何故か日の丸を掲げている年配者の人は「鬼の動労だな!」とニコニコしてました。 

328fb32a.jpeg 
 最後は、NAZENのみなさんに、三里塚芝山連合空港反対同盟の太郎良さん、いわき合同ユニオンの青年も加わり記念撮影し、石井委員長と織田陽介NAZEN事務局長のあいさつで締めました。
(動労水戸ブログより転載させていただきました)

プロフィール

NAZENいけぶくろ

Author:NAZENいけぶくろ
NAZENいけぶくろは、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)運動を進める一翼として、池袋を中心とした豊島・板橋などの地域に立ち上がりました。
「ふくしま共同診療所」を支える活動などを地域で行っています。一緒に活動しましょう!
メールアドレス nazennaike-ikebukuro★yahoo.co.jp(★を@マークに変えてメールしてください)

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR