福島原発避難者を迎えての講演会を行いました

2月4日、NAZENいけぶくろ主催の「原発避難者の声を聞く会」がもたれ、双葉町からの避難者の亀屋幸子さんの話を伺いました。


昨年4・1の浪江への常磐線延伸などのDVD上映とNAZENいけぶくろの五條代表の主催者あいさつの後、亀屋さんがお話に入りました。
 「3・11以来どんなに苦しい思いをしてきたか」という言葉で始まった被災、避難生活。寒い日だった。命からがら家をでて、人が歩ってくる、ぞろぞろと、男の人が放射能がくる、逃げろ、と聞こえて一目散に車で逃げたが渋滞。水素爆発だから、どうしょう、逃げた、山の方へ。あとでわかったことだが、放射能の強い方だった、もっと早く教えてくれれば…。高3くらいの女の子が泣いていた、生理になったが交換する下着がないと。何ヵ所目かの避難先住宅で、夜ベランダに出たかった、友達この星見てるかな、この雲福島に繋がっているかな、と。そのうちテント広場があることを知った、テント広場がなかったら今の私はない。と。


IMG_20180204_150404.jpg
 東電前の集会で、「そんなにお金が欲しいんですか、私は健康を返して」と叫んだ。国会の先生、安倍が間違ったことを言っても誰も何も言わない。次々と溢れる避難者の生々しく切々な言葉が胸に迫る。家族内-親戚をめぐる葛藤、避難者いじめの体験。言葉を失い同時に怒りが沸いてきました。

何度も口をついてでた「あの日は一生忘れない」。そして「この国は助けてくれない、何でも隠そうとする」「東海第2の再稼働に絶対反対して下さい」との訴えがされました。


質疑では、原発避難者の住宅補償打ち切り問題がクローズアップされました。原発避難者への住宅支援が次々打ち切られ、山形県米沢市では雇用促進住宅からの「追い出し訴訟」が始まっている。安倍政権と福島県は、2020年東京オリンピックまでに原発事故をなかったことにするためには、原発避難者を「いないこと」にしなければならないからだ。しかし避難者たちは「被曝地帯にもどれるか」と不退転に闘っている。「最初は泣いてばかりいた」という亀屋さんが「東電が倒れる前に自分が倒れないこと」との言葉に、訴えを深く心に刻みました。
 NAZEN東京から、労組を軸にした反原発運動を作りたいと訴えがなされた。都庁レストランふくしま署名解雇当該の柿沼さんから「4・1浪江集会に参加して帰ってきたら解雇。福島署名をやっていたことが理由。小池とガチンコ勝負、都庁前をテント広場のようにしたい」と発言。40人が参加しての2時間半に渡る真剣で感動的集会でした。
 7年経った今も東電は責任をとらずあろうことか柏崎刈羽原発の再稼働を画策している。安倍政権は朝鮮侵略戦争準備にのめり込み、軍拡、改憲そして原発再稼働に走っている。トランプ米政権は、「核戦略の見直し」を打ち出し、小型核弾頭開発と核の先制使用を公然と語っている。安倍はこの政策を「高く評価する」と世界に言いはなった。核戦争は現実のものになり、しかも切迫しています。今こそ目前に迫った7年目の3・11 福島現地闘争に全力をあげて立ち上がろう。戦争反対、安倍打倒の闘いを大きく爆発させましょう。


IMG_20180204_135222.jpg

五條代表の主催者あいさつを紹介します。


間もなく、あと一月あまりで3.11から7年になります。この間、川内、伊方、高浜の原発計5基が再稼働されてしまいましたが、川内1号機は定期点検中、伊方3号機は昨年12月、広島高裁で今年9月までの運転差し止めを命じる仮処分が決定されましたので、今日現在稼働しているのは川内2号機と高浜3、4号機の3基です。
福島第一原発については、凍土壁が完成しておおむね凍結したとか、2号機でデブリの撮影に成功したとか、1号機では使用済み核燃料取り出しに向けて原子炉建屋最上階のがれき撤去を始めたとか、愚にもつかない宣伝が繰り返されていますが、いまだにアンダーコントロールどころではない状況が続いていて、廃炉などとうてい見通せない状況にあることは明らかだと思います。
そして、「県民健康調査」によれば、子どもの甲状腺ガンは昨年9月末までに「疑い」を含めると194人となっていて、2巡目の検査で71人、3巡目でも7人が判明しています。手術を終えた160人のうち良性結節だったのは1人だけでした。しかもこれがすべてではなく、県が把握していない患者がいることも明らかになっています。もちろん健康被害の問題は甲状腺ガンだけではないし、子どもだけではないし、福島県だけで発生しているわけでもありません。
そんな中、自主避難者への住宅支援を打ち切り、山形県米沢市では雇用促進住宅からの「追い出し訴訟」が始まるなど、福島への帰還を強制しようとする動きにはほんとうに目に余るものがあります。
そして、何よりも深刻なのは、今年の「原発のない福島を!県民大集会」が、3月17日に福島第1原発20km圏内の楢葉町で開催されることだと思います。
そのほか、日立がイギリスで進めている原発新設プロジェクトに3つのメガバンクや国際協力銀行が行う1.1兆円にも上る融資の全額を政府系の日本貿易保険が債務保証することになったとか、埼玉県議会が「世界で最も厳しい水準の規制基準に適合すると認められた原子力発電所の再稼働を求める意見書」を採択したとか、東北電力が基幹送電線の「空き容量」がないという理由で太陽光や風力などの発電設備の接続を拒んでいたのに実際には2%から18.2%しか使われていないことがわかったとか、なんとしても原発を存続させようとする勢力のすさまじい執念を表す、悪あがきと言うしかないようなニュースがどんどん明らかになってきています。
原子力規制委員会は昨年12月、あろうことか東京電力の柏崎刈羽原発6、7号機が新規制基準に合格したと発表しました。更田委員長は、1月11日に面会したいわき市長に福島第1原発で増え続けるトリチウムを含む処理水の海洋放出について意思決定しなければならない時期に来ていると言ったり、17日の定例会合では除染の目安とされている空間線量、1時間当たり0.23マイクロシーベルトを改めないと帰還や復興を阻害するから環境省は引き上げを検討すべきだと述べたり、むちゃくちゃな発言を繰り返しています。恐ろしいことにこの人物は、「実際に原発が動いている現場を肌で知っている人の数が少なくなるのは、一定の恐怖感をもっている」という認識の持ち主なんです。
私は、NAZENいけぶくろが企画する催しのたびに主催者挨拶をしていますが、毎回毎回、こういうとんでもない話題が新たに積み上がってくるんですね。しかし私たちは、すべての原発が地上からなくなるまで諦めるわけにはいきません。
今日は、これから亀屋さんのお話をたっぷりお聞かせいただいて、NAZENの今後の活動に生かしていきたい、そして一日も早い安倍政権の打倒、さらには原発の全廃に結び付けていきたいと思います。





スポンサーサイト

2・4 福島原発避難者の声を聞く会~亀屋幸子さんを迎えて

ないけ2・4講演会チラシ_ページ_1


2・4福島原発避難者の声を聞く会~亀屋幸子さんを迎えて

kameyasan.jpg


 2月4日(日)
 13時半開会(13:15受付開始)
 
・「4・1浪江帰還強制をめぐる闘いの記録」DVD上映(15分)
・ 亀屋幸子さんのお話
 国会前金曜日行動で訴える亀屋幸子(ゆきこ)さん。
「私の家は原発から1.2キロのところにありました。事故で着の身着のまま逃げてきました。我が家を失い、借り上げ住宅への支援も打ち切られる」「何としても原発の再稼働は許せないんです。」
・質疑討論
(終了17時前)

会場:豊島生活産業プラザ201号室(JR、東京メトロ、西武線、東上線池袋東口下車徒歩7分)
image001.jpg

資料代:500円
     
主催:NAZENいけぶくろ、協賛:NAZEN東京
連絡先:電話03-6914-0487 メールnazennaike-ikebukuro@yahoo.co.jp

 昨年3月31日、「自主避難者」(住居が汚染され、自力で避難された人たち)の住宅支援の打ち切りが行われました。
 それに続き、山形県などで、住居から強制的に追い出す裁判が始められています。国と東電による原発被害の問題であるにもかかわらず、被害者が逆に被告とされ、強制的に住居も奪われるというとんでもない事態です。
 避難者が最も多い東京では、小池都知事による住宅支援打ち切りに対して「残留避難者」が人生をかけて声をあげ立ち上がっています。
 7年目の「3・11」を前に、福島県双葉町からの避難者である亀屋幸子さんをお招きし、お話を聞く機会をもちました。
 どなたでも参加できます。ぜひご参加ください。
ないけ2・4講演会チラシ_ページ_2

子どもの甲状腺ガンが194人!?
3・11事故から7年目を前に、福島で今何が起こっているのか


 昨年3月末にかけて、もっとも放射能汚染が激しく強制的に避難させてきた飯舘村、浪江町、川俣町、富岡町などの避難指示が解除されました。これらの地域は福島第一原発から10 ~ 20 キロ圏内です。子どもの甲状腺がん(疑い)は194人(17年9月)に増加しています。
 オリンピックを口実に2020年までに避難地域を解消し、常磐線を全面開通させ、まるで何もなかったかのようにして補償を打ち切り、同時に原発の全面再稼働と改憲をやろうとする安倍政権。これでよいのでしょうか?

自主避難者の追い出し許さない! 避難は生きる権利です


 福島第一原発の事故により、いまだに約3万5千名が福島県から県外への避難生活を送っています。
 そんななか、山形の雇用促進住宅に避難していた自主避難者8世帯が、3月の住宅支援打ち切り後も残留していることに対して、住居から強制的に追い出す裁判が雇用促進住宅を管理している独立行政法人によってかけられました。
 郡山市から静岡県に「自主避難」した男性は語っています。「6年前、たくさんの親が悩みながら行動をとったことは尊重されるべきだ」「私たちの避難行動は誰からも非難されることではない。私たちには生きる権利があります」。
 避難者の「帰らない」闘いを支え、避難者が最も多い東京都に対して「住宅追い出しするな」と迫りましょう。 

原発もオリンピックもいらない! 3・11反原発福島行動へ


 昨年4月1日の浪江への常磐線延伸強行に対し、JRの労働組合動労水戸が被ばく労働拒否のストライキを打って弾劾行動を展開しました。
 そして全国からのカンパで建設されたふくしま共同診療所が、国や福島県が隠ぺいする被ばくの現実を告発し、「避難・保養・医療」の実践で、地域のよりどころとなっています。ふくしま共同診療所が呼びかける「被曝と帰還の強制反対署名」は、4万筆を超え、原発労働者など福島の怒りが拡大しています。
 安倍政権は「この国を守る」と言いますが、3・11とその後の7年弱が示していることは、国は国民を守らないということです。被ばくの情報を隠し、「避難計画」のウソでごまかして、自治体とJRなどを動員する…。まさに戦争体制です。
 原発も戦争・改憲も東京オリンピックも全部ぶっとばそう!
3・11反原発福島行動'18に集まりましょう!
(13時~郡山市民文化センター大ホール 15時~デモ) 
※実行委員会HP→http://fukushimaaction.blog.fc2.com/

山形の自主避難者の追い出し許せない! 緊急署名を広げよう

20171121202400958
 
「都庁ふくしま署名解雇を許さない会」ブログより転載し、私たちも呼びかけます。

山形の雇用促進住宅に避難していた自主避難者8世帯が、3月の住宅支援打ち切り後も家賃を払わないまま残留していることに対して、未払い賃料の支払いと住居から強制的に追い出す裁判が雇用促進住宅を管理している独立行政法人によってかけられました。
 国と東電による原発被害の問題であり、被害者が逆に被告とされ、強制的に住居も奪われるというとんでもない攻撃が始まっています。
 11月21日、第一回の裁判が山形地裁で行われました。
詳しい報道がこちらの「民の声新聞」で報道されています。
http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-206.html
仮執行権付の裁判で、最悪なら二回の公判で強制立ち退きが強行される可能性があります。
緊急署名が呼びかけられているので、
https://goo.gl/WKbH1F
ふくしま共同診療所の署名とともに、みなさんぜひご協力お願いします。
第一次集約は12月7日です。
緊急署名なので、職場でも集めやすいと思います。一筆でも多く集めて、

「原発事故避難者の住宅の強制立ち退きに反対する署名の会」
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12 明成ビル302
TEL 03-5225-7213 FAX 03-5225-7214

あてに送りましょう。
2017112120211054c

名称未設定-1

参考ホームページ
避難の協同センター
http://hinan-kyodo.org/


9・10杉井医師講演会、盛況でした



9月10日、ふくしま共同診療所の杉井医師医師をお招きして、「福島の"今"を聞く会」を練馬文化センターにて行いました。
あの3・11福島原発事故からちょうど6年半。福島の状態はよくなったでしょうか。まったく違います。
なのに、2020年オリンピックを前に原発事故なんて「なかったこと」にしてしまうかのように、マスコミの報道が極端に少なくなっています。
そうした状況に危機感をもってか、宣伝は十分ではなかったにもかかわらず、40人近くの方が会場に集まってくださいました。
厚く御礼申し上げます。

杉井さんのお話は、医師としての経歴に踏まえての思い、そして毎週福島に通って診療を続けての実態をリアルに語ってくださり、会場からため息や「そうだよ」などの相づちが打たれるような1時間余りでした。
質疑応答では、南相馬・避難20ミリ撤回訴訟に関わっておられる方の熱い訴え、街頭で福島のことを訴え続けている方からの質問などがあり、杉井さんの「こんな福島の被ばくの状況で東京オリンピックなんてやるのか、というのが多くの地元の思いだ。五輪用の建設資材が優先されて、福島に必要な物が行かなくなっている。東京オリンピックなどやるべきでない」との言葉に、期せずして拍手が沸きました。

詳しい講演要旨などは次回載せるとして、今回はNAZENいけぶくろ代表の五條敦さんの開会あいさつを掲載します。
原発を中心に、安倍政権が進める戦争・改憲情勢まで含めてのアピールです。

s-2IMG_20170910_140139.jpg

私は、NAZENいけぶくろ代表の五條と申します。NAZENというのは「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」の略称で、福島第一原発の大事故のあった2011年の8月に被爆地の広島で結成されました。
全原発の廃炉、被曝労働の拒否、保養・避難運動の推進、国際連帯、そして今日、講師にお招きした杉井先生が診療に当たられている「ふくしま共同診療所」の建設と発展を5つの柱として活動しています。
全国各地域で支部的な組織が自主的に活動していて、私たちはNAZENいけぶくろとして、この練馬区や文京区、豊島区、北区、板橋区など東京北部地域で活動しています。

明日、9月11日で、3.11から6年半になります。安倍首相がIOC総会で「アンダーコントロール」と大ウソをついてオリンピックを誘致したのが2013年の9月でしたから、あれから4年が経過したことになります。
この間、川内、伊方、高浜の5基の原発が再稼働されてしまいました。あろうことか、今、原子力規制委員会は、田中俊一委員長の退任を前にして、東京電力の柏崎・刈羽原発6、7号機について、再稼働の前提となる審査で「合格」の最終判断をしようとしていると報じられています。

福島第一原発については、デブリの撮影に成功したとか凍土壁を全面凍結するとか愚にもつかない宣伝が繰り返されていますが、いまだにアンダーコントロールどころではない状況が続いていて、廃炉など不可能であることは明らかだと思います。
子どもの甲状腺ガンは3月末までに152人が確定していて、「疑い」を含めると190人となっています。中には3巡目の検査で判明した人もいます。しかもこれがすべてではなく、県が把握していない患者がいることも明らかになりました。もちろん健康被害の問題は甲状腺がんだけではないし、子どもだけでもありません。そんな中、自主避難者への住宅支援の打ち切りなど、福島への帰還を強制しようとする動きには、ほんとうに目に余るものがあります。

安倍政権は2年前の9月19日、いわゆる戦争法を強行成立させました。その根拠となった2014年7月1日の閣議決定の正式名称は「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」といいます。
安倍は、どこまでもアメリカに、今はトランプに追随し、憲法9条を変えるとまで言い出して、国民を守るために日米同盟を深化させるなどと繰り返しています。8月29日に北海道のはるか上空を北朝鮮のミサイルが通過したときは「これまでにない深刻かつ重大な脅威だ」などと言って、北朝鮮の脅威を煽り立てています。オスプレイの方がよほど危険なのに、何度事故を起こしても飛行の差し止めさえできないでいます。8月10日には小野寺防衛相が、北朝鮮がグアムに向かって弾道ミサイルを撃った場合、それを「存立危機事態」と認定して自衛隊のイージス艦から迎撃することは法的に可能だと述べています。
しかし、敗戦後の日本がほんとうに存立の危機に陥ったのは、福島第一原発の事故のときだったと思います。もし4号機の使用済み燃料プールが倒壊したり干上がったりしていれば首都圏から3千万人が避難しなければならなかったと言われていたあのときの恐怖を忘れることはできません。

これからも地震は起こるし、噴火や大規模な風水害も避けられません。今、フロリダでは巨大ハリケーンに備えて2カ所、4基の原発が停止されているそうです。2~3日前からは太陽フレアの危険性も指摘されています。人為的なミスもありうるし、ミサイルが撃ち込まれたりテロに見舞われたりする可能性もゼロではありません。北朝鮮のミサイルはもう10年以上前から日本全土を射程に入れています。北のミサイルを恐れるなら、頭に手をやってしゃがみこむ訓練をするより、原発を止めることが必要です。

ほんとうの意味で「国の存立」を全うしようとするなら、すべての原発をなくさなければなりません。再稼働など論外です。ましてや新設など絶対に認められません。しかし、最近の報道によれば、日立がイギリスで建設する予定の原発について、政府系金融機関を通じた支援に加えて、メガバンクが日立に融資する数千億円の資金を政府が全額補償することを検討しているそうです。これが正しい資本主義、自由経済のあり方でしょうか。原子力村の執念には、ほんとうに恐ろしいものがあります。

今日は、これから杉井先生のお話をしっかり学習して、NAZENの今後の活動に生かしていきたい、そして一日も早い安倍打倒、さらには原発の全廃に結び付けていきたいと思います。

9・10福島の“今”を聞く会 ー杉井医師(ふくしま共同診療所)を迎えて

naike杉井さん講演会

9月、高線量地域への常磐線運転再開が近づくなかでー


9・10福島の“今”を聞く会

お話 杉井吉彦さん(ふくしま共同診療所医師)

9月10日(日)14時~
 (13時半開場)

練馬文化センター
B1F 第2リハーサル室・集会室

(練馬駅北口徒歩1分)


”内部被ばくと向き合う命と健康の拠り所“として立ち上げられたふくしま共同診療所。
ここで診療を続ける杉井医師をお招きします。
プロジェクターを使って、ビジュアルに福島の現状についてお話していただきます。
ぜひご参加ください!

naikekannpatirasi.jpg
東京で、「避難・保養・医療」の取り組みが進んでいます。ぜひカンパにご協力をお願いします。

プロフィール

NAZENいけぶくろ

Author:NAZENいけぶくろ
NAZENいけぶくろは、「すべての原発いますぐなくそう!全国会議」(NAZEN)運動を進める一翼として、池袋を中心とした豊島・板橋などの地域に立ち上がりました。
「ふくしま共同診療所」を支える活動などを地域で行っています。一緒に活動しましょう!
メールアドレス nazennaike-ikebukuro★yahoo.co.jp(★を@マークに変えてメールしてください)

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR