FC2ブログ

3・11から8年ー4・7ふくしま共同診療所報告会行われる

s-IMG_20190407_140703.jpg
 4月7日、NAZEN杉並と東京労組交流センター医療福祉部会の共催で、杉並区内でふくしま共同診療所報告会が行われました。花見の真っ盛りの日曜にもかかわらず、70人以上が詰めかけました。

 杉井吉彦医師は、福島の現状について80分間に渡る熱弁を振るい、①小児甲状腺がんの多発、②高濃度汚染水の海洋放出、③放射性廃棄物の「中間貯蔵」と言う名の永久貯蔵、④危険な廃炉作業と作業員の被曝、⑤帰還強制と住宅補償打ち切り、の5点の課題を明らかにしました。どれ一つとっても生命に関わる重大問題です。小児甲状腺がんは、公式発表でも200人を越えました。これは通常発生率の50~60倍になります。統計上からも原発事故が原因であることは明らかですが、政府と福島県、御用学者は絶対に認めません。

しかも原発事故から8年経って非がん性疾患も通常発生率よりも高い傾向が出てきています。チェルノブイリでもそうですが、時間が経てば経つほど健康被害状況は顕現し拡大してきます。決して蓋をして隠し通すことはできません。ここが政府・東電の弱点です。小児甲状腺がんにこだわり水路にして、原発事故の全体を明らかにし、彼らの責任を徹底追求していくことです。
 また杉井医師は、東京都が3月末で公務員住宅に入居している避難者に退去通告を出したことを弾劾しました。国際基準になっている年間被曝線量1ミリシーベルトを、福島県は20ミリシーベルトに引き上げ、ここに帰還強制させようとしています。「医療従事者の年間被曝線量は5ミリシーベルト。その4倍もの高線量の中、子どもたちに生活しろというのか」。会場の怒りは沸騰しました。

s-IMG_20190407_154817.jpg
 講演に続いて、IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部のビデオメッセージが上映され、「被曝のないオリンピックを」の声明をほらぐちともこさんが読み上げました。ほらぐちさんは、「原水禁運動発祥の地杉並から、福島と連帯し『東京オリンピックはいらない』を掲げて杉並区議選に立候補します」と表明し、拍手を浴びました。
ほらぐちともこホームページ

 質疑応答では、「福島の現実を知った。これをどうしてマスコミは報じないのか」「動画や書籍の形で伝えたい」と杉並区民が発言するなど、活発な意見が出されました。杉井さんは「正義性と論理的正しさで安倍や福島県・御用学者を迎え打ち、発信し続けていくことが全体を動かす」と締めくくりました。

s-IMG_20190407_141358.jpg
 最後にNAZEN杉並から①被曝と帰還の強制反対などの署名を通して復興庁や福島県を追いつめる、②東京での保養運動の取り組み、③避難者追い出しを止めること、④東海第二原発再稼働反対運動の強化などを、東京での行動方針として訴えました。合わせてNAZENとして推薦を決定しているほらぐちともこさんの杉並区議選への支援を呼びかけました。
 福島と共に進み、「オリンピックいらない」を掲げる候補はほらぐちともこさんだけです。
ほらぐちさんの当選をかちとり、杉並から安倍政権を打倒する闘いの大前進をかちとりましょう!

一陽会労働組合 櫛渕秀人
スポンサーサイト

東海第二原発再稼働にNO!「恐怖のカウントダウン」上映会行いました

IMG_20190311_085502


2.9東海第二原発問題上映会は大成功。
小雪ちらつく悪天候にもかかわらず、国会前や地域のビラまきで来てくれた方々で会場のとしま産業振興プラザの会議室は埋まった。
上映の「恐怖のカウントダウン」の配布版を買いたいと遠望からも参加者があった。

IMG_20190311_085453

ゲストの遠藤大輔さんの話は、原発問題のみならず社会問題全般に共通する「青年や非正規に伝わる言葉をどうもつか」の問題意識に溢れていて、共感するところ大。

福島復興費のかなりは電通などの大手広告会社に流れていて、原発「安全」のキャンペーンに使われているとのこと。人間には危機に陥った時に「大丈夫」とその状況を受け入れる心理がある。「防衛機制」という心理学を悪用してのキャンペーンに打ち勝つ言葉を持とうと。

遠藤さんとの間で「沖縄や改憲や社会問題山積みの中で、どうやって東海第二問題を広げたらいいか」 「青年は、問題意識はあっても労働が大変でこういう場に来れない」など活発な質問や意見が交わされた。
遠藤さんの結論は「原発問題だけで解決しようとしないこと」。今の社会構造そのものを問わなくてはならないと語ってくれた。

東海第二原発などの再稼働は採算では割にあわず、安倍政権の核保有への執念があるのではとの話もあった。
3.11福島の被ばく問題から立ち上がったふくしま共同診療所を支え、被ばく労働拒否を闘う動労水戸に学んで労働運動の課題に原発問題を位置づける。改憲反対運動の大きな一環として、東海第二原発再稼働反対を取り組んでいきたい。

2・9『恐怖のカウントダウン ~東海第二原発を止めたい』池袋上映会&トーク

東海原発上映会チラシおもて
『恐怖のカウントダウン~東海第二原発を止めたい』池袋上映会&トーク

2月9日(土)18:45 上映開始(上映28分)
遠藤大輔さんのお話
映像制作者/ VJU ビデオジャーナリストユニオン

としま産業振興プラザ・第3会議室
池袋駅西口より徒歩約10 分、南口より約7 分
※資料代 500 円

●予約希望の方は、下記へご連絡ください。
●上映DVDを普及用として1枚1000円で提供しています。


主催:NAZENいけぶくろ 共催:NAZEN東京
連絡先:豊島区西池袋5-13-10-603 電話:03-6914-0487
メール:nazennaike-ikebukuro311@yahoo.co.jp
ブログ :http://nazenikebukuro.blog.fc2.com/

昨年11 月7日、東海第二原発の20 年の運転延長が認可されました。
東海第二は、操業開始から40年の老朽原発です。30km圏内に約100万の人口を抱えた原発で事故が起きたら、どれだけの被害が出るのか想像もつきません。東京さえ人の住めない地となるでしょう。

東海第二は横須賀の原子力空母以外では、首都圏で唯一の原発です。福島第一原発事故が示したように、大事故が起これば避難できません。
ところが日本原電は、東海第二を再稼働させる際は水戸市や東海村など6 つの自治体から事前了解を得るとの協定を結んだにもかかわらず、自治体に「拒否権はない」と言っています。
こんなことが許されるでしょうか? これは私たちの問題です。

NAZENいけぶくろ東海原発上映会チラシうら
東海第二原発を再稼働させてはいけない!

 東海村は日本の核開発の中心拠点です。1956 年、日本原子力研究所(現在の日本原子力研究開発機構=JAEA)が東海村
に設置されました。以来、東海村には原子力事業所が軒をつらねています。
 1999 年のJCO臨界事故に見るように、それぞれが危険な作業をしています。この中心が東海第二原発です。2014 年には米
政権からプルトニウム引き渡し要求がありました。
 「引き渡し対象は東海村の高速炉臨界実験装置(FCA)にある核物質だった。同施設にはプルトニウム約300kg と高濃縮ウラン約200kg があるという。プルトニウムの8割は核爆弾に転用しやすい純度92%だ」(青木美希著『地図から消される街』講談社現代新書)
 安倍政権は日本の核武装のために東海第二の延命・再稼働に躍起になっているのではないでしょうか?
 東海原発再稼動を止め、改憲・戦争と核武装を阻止しましょう。

2・24相沢一正さん(元東海村村議)講演会に集まろう
What’s 東海原発?
何でこんな危ないものいつまでも動かすの?
―相沢さんに聞いてみよう!
(相沢一正さん/元東海村村議、脱原発とうかい塾代表世話人)
2月24日(日)
14時~(開場13時半)
西荻地域区民センター 3・4集会室 西荻窪駅北口より徒歩15 分 杉並区桃井4-3-2
主催 東海第二原発再稼働反対 実行委員会

原発もオリンピックもいらない! 3・11反原発福島行動へ
 あの日から8年がたとうとしています。福島の原発事故は終わっていません。県内の小児甲状腺がんが200人を超え、被ばくはいまも続いています。
 全国からのカンパで建設されたふくしま共同診療所が、国や福島県が隠ぺいする被ばくの現実を告発し、「避難・保養・医療」の実践で、地域のよりどころとなっています。ふくしま共同診療所が呼びかける「被曝と帰還の強制反対署名」は、5万9千筆を超え、原発労働者など福島の怒りが拡大しています。
 安倍政権は「この国を守る」と言いますが、3・11とその後の8年弱が示していることは、国は国民を守らないということです。
被ばくの情報を隠し、「避難計画」のウソでごまかして、自治体とJRなどを動員する…。まさに戦争体制です。
 原発も戦争・改憲も東京オリンピックも全部ぶっとばそう!
3・11反原発福島行動'19(開成山公園・野外音楽堂)
 http://fukushimaaction.blog.fc2.com/

東海第二原発の現地調査に参加して

s-最新NAZEN集会ビラ
9月22日に、NAZEN東京で東海原発と関連施設の見学会に行ってきました。
報告ビデオができましたので、ぜひご覧ください。


合わせて、NAZEN通信10月号に報告分を掲載しましたので、参照ください。

安倍政権は、改憲と一体で、伊方原発の再稼働を強行し、更には40年の運転機嫌を迎える東海第二原発の再稼働まで狙っています。「戦争のできる国」=核を持てる国への暴挙です。
11月4日(日)に、日比谷野外音楽堂にて、全国労働者集会と「改憲阻止1万人行動」が行われます。この集会は、ゼネストを韓国のパククネ政権を倒した民主労総ソウル地域本部、アメリカで全州ストライキを実施したウェストバージニアの教育労働者とイラク戦争で港湾封鎖で闘ったILWU(国際港湾倉庫労組)など世界の闘う労働組合を迎え、「ストライキと国際連帯で戦争と改憲は止められる」展望を示す集会です。
高線量地域への常磐線運転再開反対・被曝労働拒否のストライキで闘う動労水戸とともに、改憲と核武装、フクシマ圧殺をぶっとばしましょう。

9142531b-s.jpg 
この11・4日比谷野音集会には、さらに、横田基地へのオスプレイ配備に反対する住民、安倍の「働き方」改悪に怒る「東京過労死家族会」、築地の移転に反対する仲卸の方などがアピールします。
 ぜひお時間を作っておいでくださるよう、訴えます。

b7a6a8bf1bcafb5186e46a7148f40380-1-768x1086.jpg 

11・4全国労働者総決起集会&改憲阻止!1万人大行進

スローガン:
●ストップ!9条改憲発議 労働大改悪・総非正規雇用化と闘おう!
●国鉄1047名解雇撤回! 第三の分割・民営化攻撃粉砕!
●関西生コン支部への弾圧をはね返そう! 改憲・戦争に向けた労働組合の破壊を許すな!

日時・場所:
11月4日(日)正午~、東京・日比谷野外大音楽堂

■正午〜午後2時 全国労働者総決起集会
呼びかけ団体から/国際連帯の訴え/国鉄1047名解雇撤回闘争/乗務員勤務制度解体・外
注化を許すな!/「働き方改革」との闘い
★韓国・民主労総ソウル地域本部から代表団約30人
★全米教員ストの震源地・ウェストバージニア州の教育労働者
★国際港湾倉庫労働組合(ILWU)港湾労働者記念協会
★東京過労死を考える家族の会

■午後2時 改憲阻止!1万人大行進
発言 西川重則さん(とめよう戦争への道!百万人署名運動)/野本三吉さん(改憲阻止
!大行進神奈川・準)/福本道夫さん(横田・基地被害をなくす会)/沖縄から/築地市
場の豊洲移転に反対する仲間/三里塚芝山連合空港反対同盟、その他、多数の団体や青年
労働者、学生からアピール!

■午後3時 銀座デモ

呼びかけ 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部/全国金属機械労働組合港合
同/国鉄千葉動力車労働組合/国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援す
る全国運動/改憲・戦争阻止!大行進

詳しくは、改憲・戦争阻止!大行進東京北部ブログを参照ください。

9月29日NAZEN東京学習会「福島の健康被害と内部被曝」ふくしま共同診療所医師杉井さんに聞いてみよう

9月29日学習会_ページ_1 

NAZEN東京は9月29日(土)に公開学習会を行います。

9・29NAZEN東京学習会
「福島の健康被害と内部被曝」
ウソだらけの復興庁「放射線のホント」
ふくしま共同診療所医師杉井さんに聞いてみる

9月29日(土)18時半~20時半
阿佐ヶ谷地域区民センター 第4・5集会室
(JR阿佐ヶ谷駅南口徒歩2分)
資料費500円

主催:NAZEN東京
連絡先/東京都杉並区天沼2-3-7-3B
090-6658-1544(北島)

NAZEN東京9・29学習会ビラ裏